学校経営の方針

学校教育目標

総括目標:「心豊かでたくましく生きぬく丹波の子ども」

具体目標

(1)自ら学び創意工夫する子ども

  • 進んで学ぼうとする子ども
  • 自分なりの考えをもち、挑戦する子ども
  • 協力して学び合い高め合う子ども
  • 読む、書く、計算の力に習熟した子ども

(2)相手の立場に立って考え、行動できる子ども

  • 思いやりのあるやさしい子ども
  • 仲良く助け合う子ども
  • 困難に出会っても努力する子ども
  • 自分からあいさつができる子ども

(3)楽しく運動に取り組み、健康で安全な生活ができる子ども

  • 元気に遊ぶ子ども
  • 生命を大切にする子ども
  • 健康な生活をめざす子ども
  • 進んで運動する子ども

(4)ふる里丹波を愛する子ども

  • ふる里丹波を誇りに思う子ども
  • 自然を大切にする子ども
  • 地域の行事に進んで参加する子ども

 

 のしく元気に
 りばり学習 何でもチャレンジ
 さしさいっぱい
 もろう丹波の里

学校経営の重点

(1)「知育・徳育・体育」の調和を大切に,「生きる力」を育てる教育課程を編成し,全教職員の共通理解と協力により,児童の心の居場所となる活力ある学校づくりを推進する。

(2)働くことの意義や喜びを体得させる実践活動に努める。(キャリア教育の推進)

(3)地域に根ざした教育の推進に努める。

(4)学習環境の整備に努める。

(5)人間関係は温かく,職務には厳しい職員集団を目指す。

(6)家庭や地域との連携を深め,保護者や地域の方々に信頼される,開かれた学校づくりに努める。

▲ページの先頭へ