校長挨拶

 丹波小学校 のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は,山梨県北東部,埼玉県と東京都との県境にあり,秩父多摩甲斐国立公園の一角に位置しています。校舎は,周囲を秩父山系の山々に囲まれ,眼下に多摩 川の源流「丹波川」を臨む,自然環境に恵まれた風光明媚な場所にあります。
 開校は,明治8年(1875年),今年度で創立143年を迎え,これまでに2909名の卒業生を輩出している歴史と伝統のある学校で す。

 近年は,村の過疎化と高齢化が進み,児童数も大幅に減少し,平成30年度は児童数14名,教職員13名の極小規模校となっています。しかし, 保護者や地域の人々の温かい思いやご協力に支えられながら,地域と一体となった特色ある教育が行われ,心豊かで明るく健やかな丹波っ子をはぐ くんでいます。「心豊かでたくましく生きぬく丹波の子ども」という学校教育目標の実現を目指して,

 のしく元気に
 りばり学習 何でもチャレンジ
 さしさいっぱい
 もろう丹波の里

というスローガンを掲げ,小さな学校だからこそできる教育活動の特色と地域と深く関わる学校づくりに努めています。
 学習面では,少人数の児童一人ひとりにきめ細かな指導がなされ,個々の学びを支援しています。特に,村の施策により,複式学級が解消さ れ,全学年単独で指導 が行われ,大きな成果が得られています。
 また,総合的な学習の時間を中心として取り組んできた「ささら獅子舞」,「マイタケなどの地場産物の栽培」,「天然リンクでのスケー ト」など は,本校の特色ある教育活動となっています。
 さらに,村当局のご尽力により,平成24年度からは,教育費の完全無償化が実現し,子育て世代の保護者への一層の支援が図られていま す。電子黒板や一人一台のタブレット端末などのICT教育機器の整備,すべり台・ブランコ・鉄棒などの遊具の新設など,教育環境整備もますます充実,推進されています。
 今年度は,山村留学の家庭を多く迎え入れ,今までとひと味違う丹波小学校がスタートいたしました。PTA総会の折,「自ら学ぶかしこい子,思いやりのあるやさしい子,元気でたくましい子,ふる里まもる丹波っ子」を育むため,若さ溢れる職員が一丸となり,保護者と地域の皆様のご協力をいただきながら一歩ずつ前進していくことをお誓いしたところです。

 このホームページを通して,本校の教育活動の様子をお知らせし,子どもたちの確かな成長の姿を感じ取っていただきたいという願いを込めて更新に努めてまいります。

           平成30年4月18日            丹波山村立丹波小学校 校長 高橋 雄二

▲ページの先頭へ