活動方針・活動計画

令和3年度丹波小学校児童会スローガン

『 ま まわりの人にやさしく  

い いつでも明るい       

た 助け合える             

け けんかのない丹波小』

そのために、以下の4つの運動をします。
①あいさつ運動  ②ふれあい運動  ③助け合い運動  ④思いやり運動

スローガン決定の理由
・今年度のスローガンを「まいたけ」にした理由は,あいうえお作文にもあるように,今までより思いやりをもって,おたがいに助け合える,いつでも明るい丹波小を目指したいと思ったから。

あいさつ運動

《設定理由》

丹波小学校の伝統である明るく元気なあいさつを引き継ぎ,元気なあいさつで一日を気持ちよく過ごしたいから。また,地域の方とのふれあいを大切にしたいので,地域の人へのあいさつもしっかりと行っていきたいから。

取り組み内容

あいさつロード

・相手の目を見て,大きな声であいさつをする
・朝,元気よくあいさつをすることで,一日を気分よく元気に始められるようにする。
《あいさつロードの並び方》
*並び方は,登校してきている人が1列に並ぶ。
*あいさつをしたら,手洗いをして,教室に行く。

2ヶ月ごとにあいさつ目標を立てる。

・目標を立てることで,その目標に向かって頑張ることが出来るから。また,反省をすることで,伝統である「よいあいさつ」ができるようにする。

ふれあい運動

《設定理由》

新しい友達も入り,丹波小学校のよさを知ってもらい,ふれあうことで絆を深めることができ,全校が仲良くなり学校が楽しくなると思うから。また,なかよしタイムでふれあうことで,友達に対して思いやりの気持ちをもってほしいから。

 取り組み内容

ふれあい児童会集会

《取り組み方法》
・地域の人と交流し,ふれあい元気になってもらえるようにする。

・勉強したことを地域の人や保護者・丹波小の友達に知ってもらう。

・地域の人からも丹波山村について教えてもらう。

なかよしタイム

《取り組み方法》

・全校でいろいろな遊びを体験することで,みんながなかよくなり,楽しむ時間を作る。

・たてわり班で集まり,なかよく過ごす。

・準備や片付けはみんなで助け合って行い,思いやりをもてるようにする。

助け合い運動

《設定理由》

ペットボトルキャップや牛乳パックを集めることで,全校が協力して丹波小学校として困っている人を助けられることがいいと思ったから。

取り組み内容

ボランティア活動

 《取り組み方法》
○ペットボトルキャップ集め

・ペットボトルキャップを学校に持ってくる。

・集める箱を用意して,整頓する。

・全校や地域の人に呼びかける。

牛乳パック集め

・ペットボトルキャップ集めと同じ。

思いやり運動

《設定理由》

相手がされてうれしいことを知ること,おたがいを思いやることで,みんなが楽しい学校生活を送れるようにしたいと思ったから。

取り組み内容

集めよう!丹波小ふわふわ言葉

《取り組み方法》

・友だちに言われて嬉しかった言葉を集めて,掲示する。

・ふわふわ言葉と,言ってくれた人をタバスキーパズルに書く。

・みんなのタバスキーパズルを集めて一つの絵を完成させる。

思いやりチャンピオン,ふわふわ見つけチャンピオン

《取り組み方法》

・「ふわふわ言葉」に取り組み,たくさんパズルを書けた人は,ふわふわ見つけチャンピオン,名前を たくさん書いてもらえた人は思いやりチャンピオンとして,学期末に表彰する。

▲ページの先頭へ